前へ
次へ

兄弟に相続させずに妻にすべて残したいとき

夫婦の間に子供はなく、夫婦の両親や祖父母も亡くなっているときがあります。
このときにどちらかが亡くなれば相続の問題が出てきます。
夫婦においては当然に相続人なり、その次の相続人は順位によって決まります。
子供が第1順位で親や祖父母などが第2順位になります。
さらに第3順位として兄弟姉妹がいます。
子どもや親などはいないものの兄が存命しているとき、自分が亡くなると妻と兄で相続をしなければいけなくなります。
妻にすべてを残したいときこの人はどうすればいいかです。
遺言書に妻にすべてを残すと書いておけばその通りにできそうですが、相続に関しては遺留分請求と呼ばれる制度があります。
実は遺留分の請求ができる人とできない人がいます。
子供や直系尊属は行えますが、兄弟姉妹に関しては行えません。
つまり妻にすべてを残したいと考えるならそれを記した遺言書を残しておけばその通りに分けられます。
兄が遺留分請求をしてきたとしてもそれに応じる必要はありません。

Page Top