前へ
次へ

運転免許は点数制度で法的に管理されている

自動車などの運転免許は法律の下、点数制度で管理されています。
運転する際は道路交通法を守らなければなりませんが、もしも違反しますと、違反内容に応じた点数が加算されます。
当然ながら違反内容が重いほど、加算される点数も大きくなります。
そして、加算された点数が6点以上、14点以下になれば免許停止です。
30日間や180日間など、停止期間は点数によって違いますが、停止期間中は運転できなくなります。
これは自動車の運転を生業としている場合でも同様ですから、交通法規を守り、安全運転に努めることが大切なのです。
ただし、何れの場合も講習を受ければ停止期間を短縮することができます。
講習内容は免許の停止期間によって異なり、30日間停止の人なら1日で終了する短期講習、60日間の停止なら2日間に渡り計10時間の中期講習です。
そしてそれよりも長く、180日間以下の人は計12時間の長期講習を2日間に渡って受けます。
費用も後者になるほど高額ですが、法的に受講義務はないため、参加は自由です。

Page Top